ニキビ跡が残ってしまったら専用のコンシーラーでカバー!

ニキビ跡が残ってしまったら専用のコンシーラーでカバー!

炎症したニキビの後にできる赤みやシミといった色素沈着というのはなかなか消えずに肌に残ってしまうことがあります。 そのため、気にならない程度薄くなるまではコンシーラーを使って隠すのが普通ですよね。


で、問題はどんなコンシーラーを使うか?ということ。


普通のコンシーラーを使ってもニキビ跡はもちろん隠すことはできるんですが、毛穴詰まりができやすかったり、 油分がアクネ菌のエサになったりするので、ニキビ跡の箇所にニキビが再発してしまう可能性があるんですね。


当然ですが、そうなるとニキビ跡は余計ひどくなってしまいます。


そのため、できるだけニキビ・ニキビ跡専用というコンシーラーを使ったほうがいいです。専用コンシーラーはニキビ・ニキビ跡を隠してくれるだけでなく、 殺菌・消炎・UVカット機能など有効成分の働きでニキビの悪化や再発を防いでくれる効果もあるのでニキビ肌にやさしいんですね。


そんなわけで、ニキビ・ニキビ跡専用のコンシーラーから選りすぐりの3つを紹介したいと思います。手に入れやすさを考えて、 実力が同じなら価格の安いもの、通販で購入できるものを選んでみたのでコンシーラー選びの参考にしてください。

厳選!ニキビ・ニキビ跡専用コンシーラーランキング

DHC(ディーエイチシー)

価格:1,500円 10g/SPF22・PA++/全2色

注目色ムラ・ニキビ跡をしっかりカバー
人気NO.1はDHCの「薬用アクネケアコンシーラー」です。汗や皮脂に強い処方になっていて気になる部分にしっかり密着。 ニキビ跡の色素沈着や肌の色ムラをカバーして、自然な仕上がりが長時間ヨレずに続きます。 消炎・肌荒れ防止に効く有効成分、紫外線防止剤を配合しています。

オルビス

価格:1,296円 12ml/SPF15・PA+/全1色

注目ニキビを防ぎ、ニキビ跡をしっかりカバー!
『アクネスポッツコンシーラー』という名前からわかるように気になるニキビ跡をカバーする専用コンシーラーです。 ニキビ・肌荒れに働きかけるグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、もちろん100%オイルカットです。 光散乱パウダーで肌の凸凹をカバーしてくれる点も注目です。

NOV(ノブ)

1,620円 15g/SPF34・PA++++/全2色

注目敏感肌ブランドの低刺激性コンシーラー
敏感肌ブランドのNOVのコンシーラーで、ニキビ跡や色むら、シミ・そばかすなどトラブル肌全般に使えるとにかく低刺激が魅力の商品。 余計な成分が入っていないので肌が敏感なときに使うアイテムとして持っておくといいかもしれません。 アレルギーテスト済み・ノンコメドジェニックテスト済み。

Q.ニキビがある肌にファンデやコンシーラーを使うのはやっぱり肌の負担になるの?

コンシーラーを使うのは肌の負担になりますか?

肌をキレイに見せたい女性にとって顔にニキビやニキビ跡があるときほどベースメイクは必須です。 でもそれがかえって毛穴をふさいでしまうので肌に悪いことをしているという意識がある人も多いと思います。


実際にニキビができている肌にコンシーラーやファンデを塗りたくることで炎症が拡大してしまったり、汚れたパフ(=スポンジ)を使うことで、 パフについた細菌がニキビを悪化させてしまうということがありえます。


そのためメイクしないほうがいいのは間違いないんですが、さすがにそういうわけにはいかないと思うので そういう場合はノンコメドジェニックテスト済みのものを使うようにします。これで問題は解決できます。


ニキビ・ニキビ跡専用のコンシーラーということになればノンコメドジェニックテスト済みなのは当たり前として、消炎作用や殺菌作用がある 有効成分が配合されているのでニキビに負担をかけるどころか、使ったほうがニキビが早く治し、再発も防げるといわれてます。だから使ったほうがいいです。


ただ、普通のコンシーラーと違ってニキビ専用のコンシーラーは色の種類が少ないのでニキビ跡を隠す目的で使う場合、 肌色が合わないといったケースはでてくるかもしれません。そこが唯一のデメリットかな?と思います。

Q.いかにも『コンシーラーを塗ってます!』という感じになってしまいます...

『コンシーラーを塗ってます!』という感じになってしまいます... ニキビ跡はきれいに隠れていても厚塗り感が否めないというケースもあると思います。重ね塗りすればどうしてもそうなってしまいますよね。


この問題を根本から解決するにはやはりニキビ跡の赤みや黒ずみそのものを小さく薄くするしかありません。 より上手な隠し方もあると思いますが、ニキビ跡そのものを治すことを考えたほうが得策かと。


実際に凸凹になったニキビ痕と違って、色素沈着系のニキビ跡は高濃度ビタミンC美容液を使って根気よくケアすればきれいになりますからね。


ニキビ跡の色素沈着ケアに使う高濃度ビタミンC美容液を選ぶときのポイントですが、しっかり色素沈着に届く高浸透処方かどうかを確認してください。 どんな有効成分もそれがトラブルの元に届かなければ意味ないですからね。


世間一般的には高濃度ビタミンC美容液といえば、オバジCが有名ですが、仕上がりのベタつきや刺激、乾燥、値段の高さから続けられない人も多いといいます。 そんな人がオバジCから乗り換えているのがb.glenのCセラムというビタミンC美容液。仕上がりはサラッとしてすぐに肌になじむのでオイルが苦手な方にぴったりなんだとか。


通販限定の毛穴・ニキビケア化粧品としてはその即効性から凄く人気のある化粧品ブランドの人気NO.1商品だそうですからニキビ跡用のビタミンC美容液の候補の1つとして覚えておくといいと思います。


返金保証付きのトライアルセットあり!  b.glenについて詳細
Copyright © 2014 知っ得!ニキビ跡を隠すコンシーラーランキング<Best3>· All Rights Reserved·